乾燥肌 化粧水 ランキング

乾燥肌向け化粧水は保湿力+浸透力+カバー力

■乾燥肌の方は化粧水の保湿力が効きにくい

 

乾燥肌の方が、化粧水を使ってみてもなかなか肌質が改善しない。こんな経験ありませんか?

 

これにはきちんとした理由があります。

 

乾燥肌の方は、肌の内部の保湿成分が足りません(セラミドなど)。

 

お肌に潤い成分がある状態なら、化粧水に含まれる水分をしっかりと保持し、肌に閉じ込めますが、保湿成分が足らないので、化粧水で水分を与えても、すぐに蒸発してしまうのです。

 

ですから、乾燥肌のケアはまずお肌の奥まで保湿成分を届ける事。そして届けた保湿成分が蒸発しないように肌に閉じ込める、という2つのケアが必要です。

 

■乾燥肌の方はこんな化粧水(基礎化粧品)を選びましょう

 

セラミドにアプローチする化粧水

 

乾燥肌に足らない保湿成分のセラミドを配合、もしくはセラミドの精製能力を高める成分を配合していること。保湿成分は奥までしっかり潤すように、粒子が細かく浸透力が高いものが望ましいです。

 

肌に刺激を与えない化粧水

 

乾燥肌の方は、お肌を守るバリア機能が低く、ちょっとした刺激でもヒリヒリしたり赤くなったり、季節の変わり目などに肌質が変わる敏感肌予備軍の方が多いので、肌に刺激を与えないものを選んでください。

 

ラインにはクリームもあるもの

 

せっかくお肌の奥まで届けたセラミドは、しっかりと肌に閉じ込めたいもの。化粧水の後は、保湿力が高く、しっかりとお肌をカバーするクリームも併用できるものを選んでください。

 

 

■乾燥肌を改善する化粧水ランキングベスト3

米肌

※20代後半〜40代の乾燥肌に人気
※ライスパワーNo.11を配合
※格安トライアルセットあり

 

↓↓毛穴と乾燥が気になる方へ↓↓

 

>>保湿力抜群の化粧水<<

 

乾燥肌は、角質層の細胞間脂質「セラミド」が不足することが大きな原因です。そのセラミドを自ら作る力をお肌に与える成分がライスパワーNo.11

 

ライスパワーエキスは、お米の発酵過程において微生物が分解してできる成分のため、粒子が非常に細かく、お肌の奥に潤いを与えると同時に、肌内にセラミドを作ります。

 

コーセーが販売している「米肌」は、洗顔石鹸、化粧水、クリームのすべてにライスパワーエキスが配合されており、減少しているセラミドを自ら作り上げるお肌を目指すことができ、乾燥肌に最適です。

 

ディセンシアセラミド

※20代〜30代の乾燥肌・敏感肌に人気
※格安トライアルセットあり

↓↓乾燥肌を潤い肌に変える↓↓

 

>>人型ナノセラミド配合<<

 

ディセンシアは、粒子が小さいナノタイプのセラミドを配合しており、お肌の奥までセラミドを届ける事ができます。また、化粧水のあとのクリームでしっかりと蓋をしますので、保湿成分が蒸発しずらく、乾燥肌の改善に最適です。

 

ディセンシアはポーラとオルビスの共同出資企業で、敏感肌専門ブランドです。化粧品大手2社のいままでのノウハウが蓄積した安心できる化粧水なのもうれしいですよね。

 

ヒフミド

※20代〜30代半ばの方に人気
※洗顔から基礎化粧品までトータルケアしたい方にオススメ
※激安のトライアルセットあり

 

↓↓人型セラミドでしっかり保湿↓↓

 

>>ヒフミドトライアルセット<<

 

人間の皮膚にあるセラミドと最も近い成分である人型セラミドが配合された基礎化粧品です。

 

化粧水だけでなく、メイク落とし、洗顔石鹸、化粧水、クリーム、乳液の全てに人型セラミドが入っていますので、基礎化粧品トータルで保湿ケアができます。

 

トライアルセットが980円という格安さも人気の理由です。

 

 

■乾燥肌はお肌の表面だけ潤う化粧水を使っても意味がありません

 

お肌の構造は、表に近い表皮と、奥にある真皮そして土台である皮下組織の3重構造で構成されています。このうちお肌の潤いに関係しているのは、表皮と真皮の2つ。

 

乾燥肌の方は、表皮だけ潤いを与えても、乾燥肌は治りません。浸透力の高い保湿成分を配合した化粧水で奥にある真皮に潤いを届けるようにしてください。

 

 

ですから、乾燥肌の方は、保湿力の高さがあると同時に、お肌に刺激を与えない敏感肌でも使える化粧水を選んだ方がベターです。

 

上記のような、乾燥肌に合う化粧水の中から自分の肌に合う化粧水を探してみてください。特に、

  • 乾燥肌で洗顔後に顔が突っ張る方
  • 部分的に乾燥度合が異なる混合肌の方
  • お肌の奥がカラカラのインナードライの方

は、参考にしてみてください。

 

 

 

■20代後半から30代のお肌の乾燥化について
30代は、20代後半から始まった、お肌の角質層にあるコラーゲンの衰えが少しづつ加速する時期です。コラーゲンが衰えると、化粧水で保湿を与えようとしても潤いませんから、セラミドやライスパワーエキスなど、コラーゲンの保湿機能を回復させる成分が入っている化粧水を使い40代以降の年齢肌に備えられる化粧水がオススメです。上でご紹介している20代〜30代の乾燥肌の方に評判の基礎化粧品は、どれもトライアルセットがありますので、まずはご自分の肌に合うかどうか試してみてください。乾燥肌の方は、お肌のバリア機能が低下し、顔の皮が剥けたり、粉吹き肌になってしまう方が多いです。そのような肌荒れを伴う乾燥肌は、お肌の内部にある保湿成分であるセラミドが不足していますので、基礎化粧品でセラミドを補充してあげると乾燥肌が改善します。